宮崎みんなのポータルサイト miten !でグルメ・イベント等の生活情報をチェック!
チラシ特集2017 4月
ユーザー名:
パスワード:
トップ | 無料会員FAQ | サイトマップ | リンク集 |
すべて 食べる
遊ぶ 買う
キレイ 暮らす
健康 医療・福祉
でかけてmiten
買ってミテン
働いてミテン
ミテンの本棚  >  みやざき風土記

みやざき風土記
県総合博物館・県文化課・県立図書館で民俗や文化財、郷土史料等専門的業務に長年従事した専門家が、風土や風俗、伝統芸能、地域史など宮崎の文化を分かりやすく紹介します。
 
No.226 宮崎の神楽に於ける岩戸開き演目(3)
前 田 博 仁 ( 宮崎民俗学会会長 )
五ヶ瀬神楽
 五ヶ瀬町には三ヶ所、室野、古戸野、桑野内そして鞍岡に神楽が伝承し、鞍岡祇園神楽を除いていずれも高千穂系夜神楽。祇園神楽は平家一族が鞍岡へ隠棲、この地に芸能を伝えたと言い町内の他の神楽とは趣を異にする。

古戸野神楽
 伊勢神楽唱教
抑々天神七代地神五代の御世の御時に、伊邪那岐伊邪那美の尊、鵜葺草葺不合尊五人の御子いできたりもの成り
抑々第一番には月神と申し奉る、第二番には日神と申し奉る、第三番には伊勢はしんめい天照皇大神宮これ成り、第四番には素盞嗚尊とて出雲の国大社大明神、第五番には蛭子の尊とて西の宮恵比須三郎殿これ成り、三男三郎ましますかずさのの身のたもうは、我こそが一の男子に生れ、国の有る人御あらせたもうは、荒した事の不思議や、大和の国大だの郡おのの里と申す所にて、矢剣をつくしたまゆれば、早大神宮はかのよしをきこしめし、せんげんの浦に事の不思議有るぞやとおほし召し
早大神宮は日月をう抱き取り、天の岩戸の口に奥深き閉じ籠らせたまゆれば、日本はまむ夜の闇と成る
その時萬やす萬の神達は天の岩戸の口に集まりて、天にあおなき地に伏し、両手にこがれ嘆きたまえども、明らか成る御世とて更に成し
その時いわのごんぜのぐわんさんは、愛宕山に馳せ登り榊を七本根扱ぎに扱ぎ下し、天の岩戸の口に植付けさせたまゆれば、上つ枝にはやさかの鏡を掛け、中つ枝にもやさかの鏡を掛け、下つ枝には青き御手ぐら白き御手ぐら取り掛けて、これこそが真のたいとして一丈八ッしゃの注連うち降ろし、神の前には忠礼の縄を張(は)え、仁王の前にはらんの綱を張え、今人の前では歳縄と名付けさせたもう成り
御御神楽(おんみかぐら)をなし賜ゆるならば、日本にも我を請じる神が有るぞやと思し召し
その時天の岩戸の口を細戸に御備わせ賜ゆれば、日本な朧月夜の如く成る
その時柴引の明神には柴を引かせ、戸取の明神には戸を取らせ、左手(ゆんで)の戸を取り投げ付けさせ賜ゆれば、日向の国青木が原にぞ付けさせたもう成り、右手(めて)の戸を取り投げ付けさせ賜ゆれば 伊勢の国とがくしが山にぞ付けさせたもう成り
その時大神宮は手力大明神の御手に縋(すが)り舞い出でさせ賜ゆれば、日本はさおいなかに拝まるる
「古戸野神社神楽唄全集」古戸野神社所蔵
2022-08-09 更新
2022 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09
2021 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11
2020 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 10 | 11 | 12
2019 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12
2018 | 02 | 03 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2017 | 02 | 03 | 04 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2013 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2007 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
著者プロフィール
前田 博仁(まえだ ひろひと) 
昭和40年宮崎大卒。県内小学校、県総合博物館、県文化課、県立図書館を歴任、
平成15年宮崎市立生目台西小学校校長定年退職。
現在、宮崎民俗学会会長
(県)みやざきの神楽魅力発信委員会副委員長、(県)伝統工芸品専門委員、
高鍋神楽記録作成調査委員(参与)、日南市文化財審議会委員

【著書】
『近世日向の仏師たち』(鉱脈社)
『薩摩かくれ念仏と日向』(鉱脈社)
『近世日向の修験道』(鉱脈社)、
『比木神楽』(鉱脈社)、
他に『鵜戸まいりの道』
『飫肥街道』(鉱脈社)

【共著】
『宮崎県史 民俗編』
『日之影町史』
『北浦町史』
『日向市史』
『みやざきの神楽ガイド』
(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 » 
PopnupBlog 3.0 Denali-1225 created by Bluemoon inc.  
e87.com(株式会社千趣会イイハナ)
富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART